LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)

アルヒ(ARUHI)が住宅ローンのフラット35を投資に悪用していないか調査




もふもふ不動産のもふです。2014年から不動産投資を行っています。

2019年1月と5月に住宅ローンを不動産投資に悪用していると報道がされて、いろいろと影響が広がっています。(参考記事:住宅ローンで不動産投資はダメです)

住宅ローンは住宅を供給する目的で融資されているので、低金利であり融資が出やすいなど優遇されています。それを悪用して不動産投資を行う手口が発覚しました。

フラット35のシェアNo1のアルヒが、住宅ローンで不動産投資を行っていないかどうか調査しているとプレスリリースを出しました。

この記事では、アルヒの情報について不動産投資家の目線で解説していきます。

アルヒ(ARUHI)の会社の概要

アルヒは、モーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関)としてスタートしたのが始まりです。

前はSBIモーゲージ株式会社でしたが、アルヒ株式会社に名前を変更し東証一部上場している大企業です。

アルヒの概要

アルヒ株式会社
ARUHI Corporation
本社所在地 〒106-6008
東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー8階
主な事業内容 住宅ローンの貸し出し・取次業務、
保険代理店業務、銀行代理業務
登録番号 関東財務局長(1)第01512号
創業日 2000年6月9日
資本金 60 億円(2018年12月31日現在)
従業員数 314名(2018年12月31日現在)
代表者 代表取締役会長兼社長 CEO兼COO 浜田宏

アルヒの沿革

2001年5月 日本初のモーゲージバンク
2001年11月 ネットによる繰上返済サービスを開始。日本初
2005年5月 「SBI モーゲージ株式会社」に社名変更
2008年9月 モーゲージバンクとして日本初の銀行代理業許可を取得
2012年4月 日本初の韓国取引所有価証券市場(KOSPI)へ上場
2015年3月 住信SBIネット銀行の変動金利商品の取り扱いを開始
2015年5月 「アルヒ株式会社」に社名を変更
2017年12月 東京証券取引所市場第一部上場

アルヒの沿革より抜粋

フラット35の取扱件数では、日本一の会社ですね。

アルヒがフラット35を悪用されていないか調査中のプレスリリース

フラット35を不動産投資に悪用されているとの報道を受け、2019年5月7日アルヒがプレスリリースを出しました。

2019 年 5 月 4 日の朝日新聞で、【フラット35】※が不動産投資に悪用されているという報道がなされました。当社が主体となり不正を行った事実は確認されておりません。しかしながら、過去の融資案件につき不正な申請が持ち込まれ、当社が意図せず実行した可能性について、かねてより住宅金融支援機構様と協力し、調査を実施しております。同時に不正な申請を阻止する審査プロセスの厳格化につき住宅金融支援機構様と共に既に取り組んでおり、今後も継続して全力で強化してまいります。

アルヒのプレスリリースより

 

これを見ると、

「アルヒ自身が不正融資を主導していないけど、意図せずに不正融資してたから相談中」

って言っているように見えますね。。

日経新聞で「アルヒ、「フラット35」の審査厳格に 不正利用疑いで」の記事の中では、物件を持ち込む不動産会社自身を厳しくチェックしたり、投資用物件と住宅物件の営業が明確に分かれているのかどうかなども審査すると書かれています。

今後住宅ローンの審査が厳しくなる可能性がある

まだ報道されたばかりなので情報が出ていませんが、住宅ローンを不動産投資に悪用するスキームは不動産投資家には知れ渡っていました。

また、2018年にスルガ銀行の不正融資問題が明るみに出て、1棟物の不動産投資物件を販売していた業者さんが区分マンション投資に流れ込み、銀行を騙して住宅ローンの不正融資進めていることは不動産投資業界ではよく知られていました。。

昨年のスルガ銀行の不正融資問題と同じくらいの影響度になると考えています。

今後、住宅ローンの融資が厳しくなる可能性があります。

そうすると、不動産を購入できる人が減ってくるので、早めに売却するというのも一つの戦略になるかもしれません。

もし住宅ローンで不動産投資をしていたら…

もし住宅ローンで銀行を騙して不動産投資物件を買われてしまっていたり、もしくは毎月赤字の状態の方は、早めに売却されるのも作戦だと思います。

売却してしまうと銀行から一括返済を求められるリスクがなくなりますし、都心の区分マンションは価格が高騰しており、思わぬ高く売れる可能性もあります。

ご自身の物件の価格がいくらくらいなのかを知るため、見積もりの査定に出すことをお勧めします。もしローンの残りよりも高く売れるのでしたら、思わぬ資産になります。逆にローンの残りの金額より高く売れないのでしたら、将来の人生設計に影響を及ぼす可能性もあります。

自分の物件の価格を知ることは、とても重要です。

イエウールで売却査定に出す

イエウールは、国内最多の1300社以上の有力会社が、あなたがお持ちの不動産を査定してくれます!

こちらのほうが、より広くいろいろな会社に査定していただくイメージだと思います。

一軒家、マンション、収益不動産など、いろいろな種類の不動産を無料で売却査定してくれるので、より広く自分に合った不動産屋さんを探される場合はあわせて査定に出したほうがよいでしょう。

ちょっとやってみましたが、Lineのような感じで簡単に入力出来て、さくさくとお手軽に査定の依頼ができますね!1分でできました!

 

すまいValueで売却査定を行う

すまいValueは超大手の不動産屋さん6社に売却査定を出すことができます。完全無料で、あなたがお持ちの不動産の売却査定額を算出してくれます。

もし価格が折り合えば、そのまま売却活動もしていただけます。超大手なので、各社優良顧客リストを持っており、販売能力がとても高いと思われます。

一軒家、マンション、収益不動産などでも、売却査定してくれます!

ちょっとやってみましたが、1分くらいでさくさくとお手軽に査定の依頼ができますね!

高く売るための方法の記事を読んでおくと、より高く物件を売却できる可能性があります。

 

アルヒ(ARUHI)が住宅ローンのフラット35を投資に悪用していないか調査のまとめ

アルヒのプレスリリースについて解説してきました。

アルヒの住宅ローンのフラット35が不動産投資に不正に利用されているかどうかは調査中ですが、いろいろな状況からすると既に使われていて対策を打っているところではないかと予想しています。

今後の状況に目が離せませんね。

 

まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)


収益計算ツール販売中!


初心者から中級者までおすすめの収益計算ツールを販売中しています


僕の収益計算の方法や、僕がどのようなスペックで融資条件で購入したか、がわかるようになっているツールでおすすめです!(解説記事)(ツールを購入)!
2019年8月1日現在、111人が購入!評価してくださった61人が★5の最高評価をしていただきました!



LINE@限定プレゼント配信中!


僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)


友だち追加