Youtubeチャンネル登録者数 21万人突破! ▶︎

投資信託のおすすめの買い方とは?大学生や投資初心者へ、簡単に解説します

この記事を書いた人

もんご
過去のもふさん視点でYouTubeのコンテンツなどを中心にまとめている投資初心者のぺんぎん。3匹とも仲良し。

あなたは、株式投資についてどんなイメージを持っていますか?

お金がすごくかかるんじゃないの?」
「失敗しそう」
「案外、簡単なのかも?

など、いろいろなイメージがあると思います。

僕は、個人的に、「稼ぎやすい」と思っています。

もんご
「え、そうなの!?」
 

ほかにも、

  • 経済が勉強できる
  • 元手が少なくてもできる(10万円から)

といったメリットがあると思っています。

もんご
「それならチャレンジしやすそう♪」
 

そのため、株についての勉強をしていくのは、いいことだと考えています。
ただ、どういった商品を買えば良いのか、投資信託初心者には皆目見当もつきません。

そこで、この記事では、投資信託をする際にどういった商品を買えば良いかについて、話を進めていこうと思います。

投資初心者の方が投資へ踏み出せるように

  • 投資信託とは何か
  • 投資信託の主な種類

など、基礎的なことも解説していくよ。

そもそも投資信託ってなに?

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

投資信託ってよくわからない」
「こわいものなんじゃないの?

なんて思っている方のために、まずは投資信託がなんぞやというのをお話ししていうこうと思います。

簡単に言ってしまえば、投資信託というのは、

  1. 投資家がファンドにお金を預けて
  2. ファンドが投資を行い
  3. 投資で出た利益を投資家に配当する(それか再投資する)

といった流れで行われています。

株を買うことで、あとは勝手にファンドマネージャーが運用してくれるということですね。

注意!株を買うときには、手数料がかかる

株を買えば、ファンドマネージャーが運用してくれる

と聞いて簡単に思うかもしれませんが、注意点があります。

その注意点とは、

  • 銀行
  • 証券会社
  • ネット証券

を通して株を買うときには、「手数料」がかかってしまうということです。
なかには4%もの手数料がかかってしまうこともあるので、そこの見極めは欠かせません。

4%の手数料がかかってしまうということは、買った時点で4%もマイナスになってしまうからです。
とくに、銀行や対面の証券会社は手数料が高い傾向にあるので、注意してください。

また、株を買う際には、手数料に加え「信託報酬」という、ファンドマネージャーの取り分も加算されます。

年間0.1%〜2%取られてしまうので、その点についても注意が必要です。

手数料や信託報酬が気になるんだけど、じゃあどこで株を買えば良いの?

なんて疑問を持った投資初心者の方へは、銀行や証券会社よりも、ネット証券をおすすめしています。

ネット証券は、銀行や証券会社よりも手数料が低い傾向にあるので、投資初心者の方が株を買うなら、ネット証券から始めてみてください。

投資信託には種類がある!主な種類とおすすめを紹介します

Photo by Adeolu Eletu on Unsplash

「投資信託」と一言で括ってしまっていますが、投資信託には種類があります。

  • インデックス(日経平均や何かの指標に連動するもの)
  • アクティブ(ファンドマネージャーがいろいろ判断する)
  • バランス型(インデックスをまぜこぜにしたようなもの)

といった3種類が、主にあげられるものです。

アクティブはおすすめしない

僕はアクティブをおすすめしてはいません

なぜなら、手数料が高いため、リターンが望めない(望み薄)からです。

手数料負けをしてしまう可能性が高いので、注意してください。

しかも、「アクティブファンドは、インデックスに勝てない

という、資産運用業界にとって不都合な真実があります。

例えば、S&P500という、アメリカの500社の株をインデックスとアクティブファンドで比べるとします。その場合、だいたい90%ほどインデックスが勝っているという結果が載っています。

言い換えれば、10%ほどしかアクティブが勝っていないということですね。

もふがおすすめする投資信託とは?

僕がおすすめする投資信託の商品は、

  • ファンドパック日本
  • S&P500
  • SPYD
  • 楽天VT
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

です。
自分で選ぶ投資信託とETFの特徴とおすすめ商品5選を紹介!」では、なぜその商品をおすすめしているのかについて書いていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

投資信託の選び方とは?初心者にもわかりやすいように解説します

Photo by Daniel Cheung on Unsplash

それでは、投資信託の選び方について解説していきます。

投資信託を選ぶ際には、大事な三つの要素があります。
それは、

  • スタンスを決める
  • 経済を予想して、それを買ってみる
  • わからなければ、バランス型を選ぶ

です。

では、それぞれについてわかりやすいように解説していきましょう。

スタンスを決めるとは?

買う商品を選ぶ際には、スタンスを決めることは欠かせません。

この記事を見ているあなたは、どういうスタンスですか?

自分がどういうスタンスかわからないよ

なんて方は、以下の考え方を自分に当てはめて考えてみてください。

  • 安定:10万円を(1年後に)11万円にする投資
  • 攻め:10万円を(1年後に)20万円にする投資

これらの考え方によって、買う商品が異なってきます。

投資信託は、どちらのスタンスに向いているの?

投資信託は、どちらかというと安定して積み立てるようなものに向いています

そのため、僕は「安定」をおすすめしています。

もしあなたが、1年間でお金を倍にしたいというタイプだったら、投資信託よりも個別の株を買うことをおすすめします。

ただ、その分、お金がなくなってしまうリスクも高くなっているので、気をつけてください。

経済を予想してみるとは?

次に、「経済を予想してみる」ということについて解説していこうと思います。

簡単に言えば、「ニュースを見て、今後、日本や海外がどうなるかについて予想する」ということです。

「この株は全体的に上がりそうだな」
「この市場は上がりそうだな」

と、予想をたて、それに見合った商品を探してみることが大事です。

わからなければバランス型を選ぶ、とは?

実際、何が上がるかなんてわからない」
「そんな難しいこと考えたくない

という方は、バランスよく投資信託を買っておくことをおすすめします。

「バランスよくってどういうこと?」

なんて方は、下記の画像を見てみてください。

投資信託のおすすめの買い方とは?大学生や投資初心者へ、簡単に解説します1

例えば、一番左にある「6資産均等」の表は、債権と株式、REIT(不動産投資信託)を、国内・国外合わせて6等分しています。

そんなバランス型の何が良いかというと、

  • 株が下がったときに債権の金利が上がる(リカバリーできる)

のように、リスクヘッジを取れる点です。

百円〜数千円ぐらいを分散して買えるので、これこそが投資信託の積み立てをおすすめする理由だと思っています。

投資信託のおすすめの買い方とは?のまとめ

Photo by Austin Distel on Unsplash

ここまで、投資信託のおすすめの買い方を、投資信託初心者の方へ向けて解説してきました。

解説してきた内容をまとめると、

  • どういうスタンスで投資するか決める
  • 手数料に注意(銀行で買わない)
  • アクティブは買わない
  • 上がりそうなものを買う
  • バランスよく買う

ということが、投資信託をやっていく上で大事なことだとわかったかと思います。

大切なこと
こういったヒントを大切に、毎月一定額を買い、積み立ててみてください。

下記の動画では、投資信託のおすすめの買い方について、さらに詳しく解説しています。

この記事では書かれていないこともお話ししているので、投資に興味のある方はぜひ見てください。

 

保存版・副業で不労所得を築くためのロードマップ
不動産投資・副業収入への道 まずはここから!まずはじめに見てほしいページ
不動産投資収益計算ツール販売中!現役投資家の収益計算方法、 物件のスペック・融資条件がわかる、初心者〜中級者にお勧めのツールです。解説記事はこちら。

2019年10月22日現在、131人が購入!
評価してくださった71人が★5の最高評価をしていただきました!

LINE@限定プレゼント 収益物件チェックシート!現役投資家「もふ社長」が物件を検討するときに実際にチェックする項目・確認方法をプレゼント!LINE@登録はこちら

2019年7月1日現在、LINE@登録者数10,000人突破しました!
85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

3時間で脱・不動産投資初心者!特別動画講座をリリースしました。

 

SBI証券

保存版・副業で不労所得を築くためのロードマップ
不動産投資・副業収入への道 まずはここから!まずはじめに見てほしいページ
限定情報やプレゼントも
LINE@はコチラ
限定情報やプレゼントも
LINE@はコチラ