LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2018年7月現在、870人突破しました

友だち追加

シェアハウスかぼちゃの馬車、スルガ銀行の不正融資問題のまとめ

シェアハウスを販売していたスマートデイズ社が破綻しました。

実際の家賃よりも高い金額で家賃保証することで、市場よりも高い価格でシェアハウスをサラリーマンに販売し、その販売利益で家賃保証の赤字を埋める自転車操業をしていました。

しかし、融資を出していたスルガ銀行が融資をしなくなったため、シェアハウスが売れなくなり、家賃保証を支払えなくなり破綻しました。

このページでは、一連のかぼちゃの馬車の問題と、スルガ銀行の不正融資の情報をまとめてます。

 

かぼちゃの馬車の問題、スマートデイズ問題のまとめ

かぼちゃの馬車の物件を買われた方は、借金が返済できずに破産される方が増えています。競売にシェアハウスが出始めました。約1億円で購入した物件が、4000万円くらいで競売で売却されています。。

今まで、物件価格の3割~5割の価格で競売で売却されています。まさに弱肉強食の恐ろしい世界。

1億円で買ったシェアハウスが数年で3000万円になってしまうのです。

サラリーマンでこれから不動産投資を始められる方は、こういう危険なスキームに引っかからないように気を付けないといけないです。

僕ら不動産投資かは、かなり前からかぼちゃの馬車が危ないスキームだと見破っていました。どうやって見破っていたかをまとめました。見破る方法がわかれば、今後も騙される可能性は小さくなります。

かぼちゃの馬車のスキームを詳しく解説しています。シェアハウスに限らず、市場より高い物件を売りつけてくる業者さんがたくさんいるので、注意が必要です。

スルガ銀行の不正融資の問題

かぼちゃの馬車に融資していた銀行はスルガ銀行だけでした。

もしスルガ銀行が融資をしていなかったら、かぼちゃの馬車問題は発生し得ませんでした。実際、スルガ銀行がかぼちゃの馬車に融資をしなくなった事が、スマートデイズ社が破綻したきっかけになりました。

スルガ銀行がなぜ融資をしたのか?は、このかぼちゃの馬車問題の大きなキーポイントになっています。

2018年5月15日に発表された内部調査結果では、スルガ銀行の銀行員が資産の捏造や価格の捏造を知っていた可能性が高いと報告されています。その内部調査結果をまとめています。

2018年6月5日には、スルガ銀行行員が中古の不動産投資物件でも不正を把握して融資していた可能性が朝日新聞によって指摘されています。空室にカーテンをつけることで満室に見せて、融資を出やすくしていた可能性が指摘されています

スルガ銀行以外の銀行も不正融資をしていたと報道されました。法人スキームについても解説しています。

2018年7月2日に、スルガ銀行が融資を受けた方から訴えられました。そこでスルガ銀行が反撃に!

33歳から不動産投資をはじめ、不動産4棟と戸建2戸を購入。現在は資産規模は2.1億円、純資産は1.2億円です。安く物件を購入し、利回り20%前後で経営しております。当サイトでは不動産投資の勉強方法を解説しています。

詳しい自己紹介はこちら。また、Face BookTwitterで日々の活動はを投稿しています!友達申請やフォローよろしくお願いします(*´ω`)