【2021年版】SEOに取り組む4つのメリット・デメリット【動画による対策もトレンド】

「SEOのメリットは?」
「どのような対策をするべき?」
「最近の傾向はどんな感じ?

など、疑問に思っていませんか?

Webを使ったマーケティングでよく耳にするSEOですが、意味がよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

SEOは、自社サイトやブログといったオウンドメディアへの集客に必須なテクニックです。工夫次第でコンテンツを資産化したり、アクセス数を大きく伸ばすことができます。

そこでこの記事では、SEOに関する次の内容を解説していきます!

  • SEOの意味
  • メリット・デメリット
  • YouTubeを使ったSEO対策

結論からお伝えすると、YouTubeの動画を利用したSEOも検討するのがおすすめです。

YouTubeとSEOの関係性も一緒に解説しますので、ぜひ参考にしてください!

SEOについて30秒でサクッと解説

こちらでは、次の2つについて簡単に解説します。

  • SEOの意味
  • 代表的なSEO

SEOのイメージがいまいちわかない方は、こちらでサクッと概要を知っておきましょう。

SEOの事前知識がある方は、次の章から記事をご覧ください。

1.SEOの意味

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をつないだ言葉で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味しています。

簡単にいうとSEOは、Webサイトが検索結果でできるだけ上位に表示されるための様々な工夫のこと。

みなさんもGoogleやYahoo!を使ってなにか検索をした経験があると思います。そのとき、出てきた結果の一番上の記事から順番に内容を読んで参考にした方も多いはず。

このように、検索結果で上の方に表示されるほど、その記事やサイトが見られる可能性が高まります。SISTRIX社の調査によれば、検索1位をとっている記事のクリック率は28.5%にも上るとのこと。

多くの人に自身のWebサイトを発見してもらうきっかけになり、集客や問い合わせの向上に繋がります。

なお、検索エンジンは多数存在しますが、SEOでは主にGoogleへの最適化を目指しています。

2.代表的なSEO

SEOは、次の3つの種類に分かれます。

Webサイトの構造による最適化 ・SSLに対応させる
・サイトマップを作成する
・カテゴリ分けを適切に行う など
個別のページごとの最適化 ・適切な見出しを設定する
・アンカーテキストを活用する など
外部対策 ・被リンク数を増やすなど

しかし、最近では以上のような機械的な対策よりも、質の高いユーザーファーストな記事であることがGoogleにより重視されています。

なぜなら、Googleはユーザーにとって親切で利便性の高い検索エンジンを目指しているからです。

実際に創設者の1人であるラリー・ペイジ氏は、完璧な検索エンジンの条件を以下のように語っています。

  • ユーザーの検索意図を正確に把握できること
  • ユーザーのニーズを満たす答えを提供すること

(参考:Google 検索の仕組み「便利な検索サービス」)

そのため、従来な機械的な施策の他、次のような部分も意識したコンテンツ作成をおこなう必要があります。

  • ユーザーが信用できるような権威者によるコンテンツ作成
  • 体験談などユーザーの疑問をよりわかりやすく解決できる情報提供
  • モバイル・PCに関わらず閲覧しやすいレイアウトのコンテンツ

テクニック的な対策と、ユーザー目線の対策をあわせて行いましょう。

SEO対策を行う4つのメリット

こちらでは、SEO対策を行うことで得られるメリットを解説します。

  • 費用がかからない
  • 自然流入を維持できる
  • ユーザー満足度の高いサイトができる
  • 成約率が高い

それぞれ確認しておきましょう。

【SEOのメリット1】費用がかからない

SEOは、費用をかけず対策できることがメリットです。

なぜなら、SEO対策の多くは工夫の範囲内でできることだからです。

Webサイトを適切に設定したり、Googleがサイトを発見しやすいように意識して記事を作ったりするだけで、十分な効果が得られます。

SEOと混同されがちなリスティング広告では、効果が出るほどに費用が膨らんでしまいます。

費用をおさえてWebサイトにアクセスを集めたい方には、SEO対策は特におすすめです。

【SEOのメリット2】自然流入を維持できる

SEO対策をすると、Webサイトへの自然流入を維持できるメリットがあります。

強化したい検索キーワードを決めて集中的に対応のコンテンツを作れば、ユーザーが検索経由で自らサイト訪問してくれるからです。

上位表示がキープされている限りアクセスのチャンスが継続できます。

半永久的に集客や売り上げを集め続ける、資産的な記事を作りましょう。

【SEOのメリット3】ユーザー満足度の高いサイトができる

SEO対策により、ユーザ満足度の高いサイトが完成します。

繰り返しになりますが、最近では機械的な対策よりも、コンテンツの質が高くユーザーへのメリットが大きいWebサイトの方がSEOの恩恵を受けやすいからです。

Googleに評価されるページを作れば、自然とユーザー満足度の高いページが生まれるでしょう。

するとユーザーがリピート訪問したいと感じたり、SNSで知り合いにサイトを紹介してくれたりして、新たなアクセスを生むサイクルが生まれます。

SEO対策の結果、Googleへの最適化とユーザー評価を集めることが両立できますよ。

【SEOのメリット4】成約率が高い

SEO対策により成約率の高いユーザーがサイトへ訪問する可能性があります。

なぜなら「靴 即日 通販」「HDMLケーブル 型番名」など一部のキーワードは、高い購買意欲を前提として検索しているからです。

キーワードへの明確な答えをコンテンツで示せていれば、サイト経由で売り上げが発生するかもしれません。

  • 〇〇 最安値
  • 〇〇 申し込み
  • 〇〇 購入方法

これらのキーワードは、既に購入の意思を固めて検索している可能性が高いです。

適切なキーワードを選べさえすれば、制約の条件が整いやすいでしょう。

SEO対策を行うデメリット

メリットと同様に、もちろんデメリットもあります。

SEOのデメリットは次の4つです。

  • スパム認定されることがある
  • 即効性がない
  • 表示順位が下がることがある
  • 手間がかかる

SEOの失敗を避けるためにも確認しておきましょう。

【SEOのデメリット1】スパム認定されることがある

SEOの間違った対策方法を行うと、Googleによりスパム認定されることがあります。

スパム認定されるとペナルティを受けることになるので、大きな損失を負う原因になります。

例えば、スパムの原因になるのは以下の行動です。

  • 不自然なほどに盛り込まれたキーワード
  • 被リンクの自作自演
  • コピペ

Googleは日々AIで各サイトを巡回しているので、不正行為はすぐに発覚します。

ペナルティを受けると、サイトの評価が下がったりインデックスが削除(巡回を受けられなくなり、適切なSEO対策がGoogleに伝わらない)されたりするので、スパム行為は絶対にNGです。

【SEOのデメリット2】即効性がない

SEOの対策には、即効性がありません。

効果を得るまでに時間がかかるのは、以下のようなサイトです。

  • 新しいドメインである
  • 専門性が低い
  • 強いライバルが多いジャンルである
  • 放置気味のサイト
  • 過去にペナルティを受けている

リスティング広告やメディア露出やと比べると、効果の実感が湧きにくいでしょう。

しかし、正しい対策を行えばアクセス数はゆっくりでも確実に増えていきますよ。

【SEOのデメリット3】表示順位が下がることがある

SEO対策が上手くいっても、永続的に順位を維持することはできません。

ドメインの強いサイトが同じキーワードを狙ってコンテンツを作成したり、Googleのアップデートの影響を受けたりして表示順位が下がる可能性があるからです。

特にアップデートによって、Googleの評価基準が変わるとサイトの表示順位を急降下させる恐れがあります。

最近では、サイトの専門性や信頼性を重視したアップデートが繰り返されています。

表示順位が下がれば、原因を確認したり記事の内容を見直したりする必要があるでしょう。

【SEOのデメリット4】手間がかかる

SEO対策には手間がかかります。

なぜなら、コンテンツ作りを完全に機械化することができないからです。

サイトの分析やキーワード選定を自動で行っても、肝心のコンテンツ作りは手作業で行うことになります。

AIによる記事作成代行もありますが、まだ精度が完全ではありません。

コピペすることなくオリジナルのコンテンツを作る必要があるでしょう。

またSEOは、1ページで1つのキーワードへ対策するのが基本です。

そのため、サイトのコンテンツを充実させたり、アクセスの入り口となる記事を増やしたりするのに時間や手間がかかります。

YouTubeがSEO対策に有効!

SEO対策で忘れがちなのが、動画の活用です。

YouTubeの動画をサイトに埋め込むと、サイトの評価を上げることができます。

なぜならYouTubeはGoogleの子会社であることから、動画のメタデータ(動画の説明文やタグなどの情報)を共有している可能性があるためです。

しかし、埋め込むならどのような動画でも良いというわけではありません。

SEOに効果をもたらすのは、次のような動画です。

  • 検索クエリ(検索に使われたキーワード)と一致する内容の動画
  • 質の高い動画
  • 信頼できる内容の動画

また、動画の埋め込みだけで表示順位が改善されるわけではありません。

あくまで基本的な対策を行った上での副次的な効果だと覚えておきましょう。

適切な動画を埋め込めば、読者の理解を深める助けにもなるので、サイト満足度を上げるためにも有効です。

動画をサイトに埋め込む方法

SEO対策のために動画をサイトへ埋め込む手順を解説します。

画像付きでお伝えしますので、埋め込みを行う際の参考にしてみてください!

  1. YouTubeで埋め込みたい動画を開く
  2. 動画プレイヤーのすぐ下の「共有ボタン」を開く
  3. 共有方法の中から「埋め込む」を選択
  4. 埋め込みコードをコピーする
  5. SEOを強化したいサイトへ埋め込みコードをコピーする

すると、次のような動画プレイヤーがサイト内に登場します。

埋め込みを行うと、YouTubeにアクセスすることなくサイト内で動画が再生できるので、ユーザーにとっても便利な構造になるでしょう。

YouTubeを活用するSEO以外のメリット

企業がYouTubeを活用すると、サイトへの埋め込みだけでなく様々なメリットを受けられます。

動画コンテンツで新しいマーケティングができるからです。

YouTubeを活用する、SEO以外のメリットは次の4つです。

  • 効果分析がしやすい
  • テキストよりも情報を伝えやすい
  • バズが起こせる
  • VSEOができる

それぞれ確認し、YouTubeの利用を検討してみてください。

【YouTubeのメリット1】効果分析がしやすい

YouTubeは、効果分析がしやすいプラットフォームです。

なぜなら、無料のアナリティクス機能が標準で使えるからです。

例えば、次の指標をグラフや表で誰でも分析できます。

  • 視聴者の属性
  • 動画への流入元
  • 視聴維持率
  • サムネイルの表示回数

Webサイトで同様の効果分析を行うには、外部のGoogleアナリティクスと連携させるか有料ツールを契約する必要があります。

しかし、YouTubeの機能内で運営に必要な詳しい情報を確認できるので、弱点の洗い出しなどが簡単に行えます。

▼アナリティクスで分析できる項目の詳細はこちら▼

【必見】YouTubeのアナリティクスは最低限4つのポイントを押さえよ【読み方丸わかり】

>>【必見】YouTubeのアナリティクスは最低限4つのポイントを押さえよ【読み方丸わかり】

【YouTubeのメリット2】テキストよりも情報を伝えやすい

動画を使うと、テキストサイトよりも多くの情報を伝えられます。

なぜなら、動画は視覚や聴覚といった様々な角度をサポートできるコンテンツだからです。

例えば語学学習の動画なら、分かりにくい場所を繰り返し再生したり、再生速度を変えて聴き込むことが可能です。

雰囲気や大きさといった抽象的な内容も分かりやすく表現できます。

YouTubeの動画は、ユーザーにとって満足度の高いコンテンツになるでしょう。

【YouTubeのメリット3】バズが起こせる

YouTubeは、バズが起こりやすいプラットフォームです。

なぜなら、関連動画や急上昇への掲載で、爆発的に視聴回数を増やすチャンスをつかめるからです。

動画で言うバズとは、ユーザーによる共有で広い範囲に動画が届いたり、感想などの関連投稿が急増すること。

バズが起こるとYouTubeの外へも動画が拡散される可能性があるので、今までに企業と接点のなかった潜在顧客にリーチを伸ばせます。

▼バズマーケティングの詳しい方法やメリットはこちら▼

【成功事例あり】バズマーケティングの3つのメリット!意味や方法も解説【だれでもわかる】

>>【成功事例あり】バズマーケティングの3つのメリット!意味や方法も解説【だれでもわかる】

【YouTubeのメリット4】VSEOができる

YouTubeでは、VSEOでさらにリーチを拡大できます。

VSEOとは、動画を検索エンジンに最適化する工夫のこと。

VSEOが上手くいくと、YouTube内の検索順位を向上させるだけでなく、Googleの検索結果の目立つ部分に動画を表示させられます。

YouTubeにもGoogleにも同時に対応できる、一石二鳥のコンテンツ作りが可能です。

YouTubeも活用してSEOの対策をしよう

SEO対策はサイト構造やコンテンツ内の工夫だけではく、YouTubeを使うと効果的です。

なぜなら、検索ニーズに合った質の高い動画をユーザーへ紹介することが、Googleへのアピールにつながるからです。

自社のWebサイトと関連のある動画をYouTubeに投稿し、積極的に埋め込みをしていきましょう。

また、YouTubeへの動画投稿を本格化することで新たなマーケティングチャネルを切り開けますよ。

当メディアではzoomによる「YouTubeの学校」では、登録者27万人の現役YouTuberが運営のノウハウをお伝えしています。

「YouTubeを始めるべきか迷っている」「YouTubeを開設したのに思うように成長しない」といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ体験セミナーや無料相談をご利用ください!

さらに、講師のもふもふ不動産による公式LINEを無料で配信しています!

友達登録しているだけでYouTubeのコツや最新情報を知れますので、ぜひご登録ください。