Youtubeを始めました

Youtubeで不動産投資の情報を超わかりやすく解説しています。セミナーと同じクオリティで作成しますので、ぜひ見てみてください!
2018年9月10日現在、チャンネル登録者3500人突破しました!チャンネル登録は↓よりお願いします

LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2018年9月10日現在、1750人突破しました!91%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

不動産投資初心者が失敗を99%防ぐ方法~失敗例をわかりやすく紹介




2018年2月11日。更新中

不動産投資の失敗例は絶対に知っておくべき

不動産投資を始めたいと思われている方は多くなってきました。

このサイトを訪れる方の相談に乗ってきましたが、

  • 物件を買いたいのだけどいい物件がない
  • 業者が勧める物件を買っていいのか心配
  • 実際に失敗したら、金額が大きいので失敗例を知りたい

という悩みを持たれている方が多いです。

この記事で失敗する具体例を勉強しておけば、99%の失敗は防ぐことができます。

なかなか失敗例というのは表に出てこないです。不動産投資家の私は、たくさんの投資家と情報交換していますし、いろいろ方の電話相談に乗ってきました。

なので、沢山の生きた失敗事例を把握しています。その失敗事例を紹介します。

悪徳な不動産業者やコンサルタントには注意しよう

一番注意することとして、悪徳な業者さんや悪質な不動産コンサルタントに騙されないようにすることがあります。取り返しのつかないケースになりうるのは、このケースが一番多いです。

業者さんは「いろんな失敗例がありますが、私たちの物件を買えば大丈夫です」のような事しか言わないと思います。

基本、収益専門の業者さんが初心者に勧めてくる物件は、買った瞬間に利益が出るような物件は少ないです。そもそも、そういう物件があれば、自分で買ってしまうからです。

自分で買わずに初心者に売る…つまり、そっちの方が儲かるし、自分で買うよりも売って仲介手数料を手にする方がリスクが小さく儲かるということなんですよね。。

たまに買った瞬間に利益が出る物件を紹介してくれる業者さんがいますが、そういう業者さんは

  • 収益不動産を自社で買いたくない(新築建売や賃貸専門のため)
  • 小さい物件で手間がかかってめんどくさいからさっさと売りたい
  • 収益不動産に詳しくないので値段が良くわからない
  • 本当に仲が良く、いい物件を紹介してくれる

というケースが多いです。

具体例をたくさん勉強して不動産投資における失敗を防ごう

僕は、数々の不動産投資家友達がいて、そういう人たちと日々情報交換しています。その集めた情報の中から、初心者が失敗しそうな例を挙げて、少しでも悪徳業者にハマる方を減らせればいいなと思ってまとめます。

僕のスタンスは、かなりの慎重派で大金の融資を受けるのは怖いと思う保守派です。そのため、超高利回りで確実に買った瞬間に利益が出る物件しか買っていません。買おうと思えば、もっとたくさん購入することはできました。買うのを目的にしておらず、ちゃんと経営して利益を出すのを目的にしています。

そういった厳しい目で見たときの例なので、自分と同じ目線では厳しすぎて物件が買えなくなる恐れもありますので、バランスを取ってそれぞれの判断基準で考えてみてください。

 

危険な不動産について解説した、こちらもご参考にしてください。、

危険な収益物件の見分け方を不動産投資家がしっかり解説

不動産投資の失敗例のまとめ

思いつくのを箇条書きに書いていきます。そして、1つずつ、解説予定です!

新築の区分マンションを買った

新築の区分マンションは、利回りが低すぎて手残りをプラスにするのが至難の業です。大家さんの努力でどうにもならない領域なので、注意が必要です。

新築区分マンション不動産投資の失敗例を、初心者にわかりやすく解説

 

かぼちゃの馬車が危険だとわかった理由

サブリース契約を停止したスマートデイズが運営するシェアハウスのかぼちゃの馬車。不動産投資家は、事前にかぼちゃの馬車が危険だとわかっていました。

かぼちゃの馬車が危険と判断できた3つのポイントを投資家が解説

その他、記事にする予定の失敗例(危険)

  • 銀行が融資してくれるから買った
  • 業者が勧めるから買った
  • リフォームしないと入居が付かないと脅されて高額なリフォームを行った
  • 税金対策になると説明されて買った。
  • 保険になると言われて買った
  • 完璧な物件を追い求めすぎて、全く物件が買えない
  • 返済は経費になると思った
  • 築30年の物件に30年の融資を受けた。
  • 利回り10%で4.5%の金利で融資を受けた
  • 家賃を30年間さげない保証でサブリースしますと言われて買った。
  • 減価償却はとればとるほど節税になる
  • デッドクロスで黒字でもキャッシュフローがマイナスになる
  • 家賃を水増しされていた
  • 新築を買ったが、すぐに家賃が下落した
  • 新築を買ったけど入居者が付かない
  • 管理会社が悪いから入居者が付かない
  • スルガ銀行以外が融資してくれない物件をスルガ銀行で融資を受けて買った。
  • 持ち金すべてを不動産購入に使ってしまい、不動産取得税や固定資産税が払えない



コメントを残す