Youtubeでお勧めの動画!






孫子大家に呼ばれ、名古屋270万円10室のアパートを見せてもらったら、魔界が広がってました(笑)


2018年10月1日現在、チャンネル登録者4300人突破しました!チャンネル登録は↓よりお願いします



LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2018年10月1日現在、2050人突破しました!90%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

利回りの計算方法を動画で解説!




サラリーマン不動産投資家の茂風智文です。Twitterや Line@で役立つ情報を配信しています。

不動産投資の基本中の基本である、「利回り」について超わかりやすく解説しています。

動画でも解説しているので、ぜひ見てみてくださいね!

利回りの計算方法

利回りは一番大切な指標なので、絶対に抑えておくようにしましょう!

一般的に利回りと言った場合は、表面利回りの事を指します!年間家賃を物件価格で割ったものが利回りになります!

 

どれくらいの利回りの物件を買えばいいの?

どのくらいの利回りなら物件を購入していいのかについては、一概にいうことはできません。

物件の場所と構造と築年数に大きく依存してしまうからです。

あくまで僕の目線ですが、地方の木造で築20年のアパートなら、利回りは少なくとも20%はほしいですね。。

また、ちゃんと入居者をつけることができて、融資が付くことが前提です。

大切な事としては、その地域の物件の市場よりも安いことが大切です!

 

利回りに関する注意点

物件を高く売るために、実際の家賃よりも多く見せようとする不動産屋さんがいたりするので要注意です。

実際の家賃は5万円しか取れない地域なのに、絶対にその金額では入居者が見つからないような7万円とかの家賃で計算して利回りを高く見せようとしたり、

大家さんが入居者さんから集めて支払っている水道代や自治会費などを利回りに含めてしまったり、太陽光発電の発電を利回りに含めている場合があります。

いずれも、実際の利回りが下がってしまうので要注意です。

 

表面利回りと、実利回りの差

先ほどまでは

表面利回り~ (年間家賃)/(物件価格)

で考えていましたが、実際にかかった経費を除外する、実利回りという考えもあります。

実利回りは、実際にかかった管理費や固定資産税などを家賃から引いて実際の手残りになる金額での利回りになります。

例の場合は、年間50万円が経費となっているので、150/1000~15%の実利回りとなります。

 

利回りのまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?利回りは基本的な項目なので、絶対に覚えてくださいね!

動画がわかりやすければいいのですが、、

利回りのまとめ
  • 表面利回り=(年間家賃)/(物件価格)
  • 実利回り =(年間家賃-経費)/(物件価格)
  • 家賃を高くごまかして、利回りをよく見せている物件があるので注意!
物件価格が下落中!売却はお早めに

2323

スルガ銀行の不正融資問題の影響で、銀行融資が出にくくなっています。融資が出ないと購入できる人がいなくなるため、物件価格が下がる傾向にあります。売却を考えている方は、お早めに”すまいValue”で無料一括見積がおすすめです!