LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2018年7月現在、870人突破しました

友だち追加

不動産投資を始めるまでに1000万円を貯めた、誰でもできる4つの秘密

なかなか貯金がたまらない

普通に生活していると、なかなかお金がたまりません。。ついつい使っちゃうとか、気が付いたらお金が無くなっているとか、よくあると思います。自分も昔はお金を貯められれない人でした。

不動産投資を始める元手がないから、頭金も支払えずに不動産投資ができない…そうやって諦めている方もいるかもしれません。

お金を貯めるには、コツがあります。コツを知っていると、飛躍的にためやすくなります。自分が実際に実践して役に立った方法を紹介します。

お金の流れ(キャッシュフロー)を把握する

貯金を殖やすには、

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

の2つしかありません。収入は、給料をもらっているので簡単に把握することができます。しかし、支出については把握していませんでした。

僕は、まずは1ヶ月で何にどういうお金を使っているのか調べました。その結果から、どこが一番簡単に支出を減らしやすいか、対策した時の効果がありそうかを分析します。

支出を把握する方法としては、スマホのお小遣い帳アプリなどで、使った額をすべてメモしていきます。メモするのは大変なのですが、1ヶ月限定でよいので頑張ってつけてみましょう。缶ジュースを買ったときのお金をメモし忘れていても、大きな差にはならないので、気にせずメモするのが重要です。

そして家賃や携帯電話代や水道光熱費なども記入して、1ヶ月に使ったお金すべてを書き出します。1年間でまとめて払っている自動車税などは、12で割って1ヶ月分を出します。これで、1ヶ月でいくら収入が入って、いくら出て行っているのかを把握することができます。

この収入と支出の差は、不動産投資においてもキャッシュフロー(お金の入った金額と出た金額の差)という大切な指標になるため、不動産を買う前に自分のキャッシュフローを把握しておくのはとても良い練習になります。

収入 30万円
家賃 6万円
光熱費 2万円
通信費 3万円

といった感じで集計して、どこに一番お金がかかっているか眺めてみます。また、その内訳も見てみて、無駄なものがないかどうか、今思えば買わなくてもよかったものなどもチェックします。

ここで、自分に無理なくできそうな対策を立てて、紙に書きだしてみましょう。何でもよいので、とにかく紙に書くのが大切なのです。ほとんどの成功者が言っていることなのですが、紙に書いて眺めると潜在意識に刷り込まれて知らぬ間に実現する場合が多いです。騙されたと思ってやってみましょう。。

もしその対策がうまく行かなかったら、また次にほかのことをやってみましょう。何でもよいので、繰り返し確かめてストレスを感じずに自分に合った節約方法を見つけることが重要です。

月々の貯金の変動を銀行口座ごとに把握する

ある1ヶ月の支出が把握出来たら、次にそれぞれの銀行口座の貯金額と保有している現金をを書き出します。

三井住友銀行 100万円
りそな銀行 50万円
郵便貯金 80万円

といった具合に、書いていきます。これを毎月繰り返し、それぞれの口座の貯金額の推移がどうなっているのか、貯金全体が増えているのか減っているのかを見るのです。

自分の過去のデータを見返してみたら、リーマンショック後の2008年から開始していました。当時の貯金は300万円ちょっと。ここから、僕の貯蓄は飛躍的に増えることになります。

こんな感じで、毎月の資産の推移を出していました。株高だったり、いろいろな理由で半年間で359万円から508万円に増えていることがわかります。毎月チェックすることで、現状を把握することができるし、増えていることが見えるとモチベーションも上がって無駄遣いしなくなります。

お金がお金を雪だるま式に生むことを知る

昔は自由にお金を使っていて、2年に1回車を乗り換えたり、入社2年目にして家賃9万円の家に住んだりしていました。しかし、お金がお金を雪だるま式に生むことを理解してから、お金を使うことを躊躇するようになりました。

無駄なお金を使うことで、自分の明るい将来の可能性が狭まるような気すらしてしまい、自分を成長させてくれるようなもの以外にはなるべく支出を控えるようになりました。

お金がお金を生むこととしては、

  1. 複利の力が増幅する
  2. 機会損失が減る

が特に大きいと思っています。

元手が大きいと複利の力が増幅する

複利というのは、10000円を利回り10%で1年運用したら1000円増えて11000円になり、次の1年は11000円の10%になるので1100円増える…といって、毎年増加するスピードが増えることです。投資では複利をなるべく活用することが重要となっています。

10000円の10%は1000円で大したことない金額です。しかし、これが1億円だったらどうでしょう?1年間で1000万円も増えることになりサラリーマンの平均年収の2倍以上にもなります。そして翌年は1100万円も増える…金額が増えると、複利の効果が倍増するのが実感できたでしょうか?

つまり、より大きな元手を持っていて効果的に運用できれば、得られる利益は莫大なものとなります。そのため、より大きな元手を雪だるま式に増やしていけるのです。また、元手が大きいと得られる金額も大きくなるため、大きなリスクを取らなくてもよくなってきます。一般的には利回りが高いとそれだけリスクが大きくなります。

複利を考えたとき、元手が大きいとそれだけ楽に金額を稼げるのです。ムダ金を使うということは、その元手を小さくして自分の将来のかの制を狭めてしまうことになります。。

元手が多いと機会損失が減る

もし1000万円で利回り100%で満室の収益不動産があったらほしいでしょうか?そんな物件などありえないのですが、普通はほしいと思います。

こういう物件は、奪い合いになるので融資してくれる銀行を待っている時間はなく、現金で一括でしか買えない場合がほとんどです。

1000万円をポンって支払える貯金があればこの物件を購入できるのですが、貯金が500万円しかなかったらこの物件を買うことができなくなってしまいます。貯金がないというのは、いい物件を買える可能性が減ってしまうことを意味しています。

融資を受ける場合についても、貯金が多ければ多いほど融資を受けやすくなり物件を購入しやすくなります。お金を持っているということは、それを生かしてよりチャンスを得られる機会が圧倒的に増えるのです。

収入を増やすため自分に投資する

株、FX、仮想通貨、、いろいろな投資や投機がありますが、どれもこれも損失を出す可能性も大きいです。なるべくリスクを減らして安定的に投資する方法として、ETF(上場している投資信託のようなもの)を毎月一定の金額を買っていく方法(ドルコスト平均法)がありますが、必ず儲かるわけではありません。

間違いなく、確実に儲かってローリスクハイリターンを得られる方法として、自分に投資することがあります。自分に投資すると言われてもピンと来ない方もいるかもしれません。自分に投資することとは、将来お金を稼ぐ役に立ちそうなスキルを身に着ける努力をすることです。

具体的にどう結びつくか明確になっている必要はありません。興味があって面白そうなことを見つけて、本を読んで勉強したり話を聞いたりWebで調べたりすればOKです。そうやって幅広い興味を学び、いつかそれらが繋がって自分を飛躍させてくれ、お金を稼ぐきっかけになります。

自分が学んだこととしては、経済学(ミクロ,マクロ,ゲーム理論)、税務、歴史、科学、プログラミング、コーチング、MBA、SEO、Wordpress、マーケティング、心理学、不動産投資などなど、多岐にわたります。これらは本を読んだり、セミナーに出たり、Webで調べたりすることで低コストで学ぶことができます。

特に投資の世界では、情報量で差がはっきりと出ます。情報弱者は食い物にされてしまう厳しい世界です。また、真偽の判定が付きにくい情報も氾濫しており、頼れるのは自分の知識だけの場合もあります。日頃から最先端の勉強が非常に重要となる世界です。

 

まとめ

  • 1ヶ月でいいのでお金の出入り(キャッシュフロー)を調べよう
  • お金の出入りを見て、どこか減らせるところがないか考えよう
  • 銀行口座の残高の推移を毎月チェックして、資産の推移を見よう。
  • お金が雪だるま式に増えていくことを実感しよう
  • 自分に投資しよう。勉強しよう。

 

33歳から不動産投資をはじめ、不動産4棟と戸建2戸を購入。現在は資産規模は2.1億円、純資産は1.2億円です。安く物件を購入し、利回り20%前後で経営しております。当サイトでは不動産投資の勉強方法を解説しています。

詳しい自己紹介はこちら。また、Face BookTwitterで日々の活動はを投稿しています!友達申請やフォローよろしくお願いします(*´ω`)




コメントを残す