LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)

つみたてNISAとは?NISAとの違いを分かりやすく解説




ぺんち
つみたてNISAってよく聞くけどいいのかな?そもそもNISAってなに??

この記事では、そんな投資初心者にNISAと積み立てNISAについてわかりやすく解説します。

NISAとは、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)の略です。(金融庁のページに詳しくまとめられています)

通常、株の配当利益や売却の利益に約20%の税金がかかります。

年間40万円か120万円分のNISA枠が与えられ、そのNISA枠で購入した株には、この20%の税金がかからないというメリットがあります。(つみたてNISAが40万円、NISAが120万円)

なので、株で利益を出している人にはお得な制度です。

一方で、利益を出せない人への恩恵はあまりありません。

私は2005年から株式投資や不動産投資を行って利益を上げている投資家です。投資家の目線から、初心者にわかりやすくNISAの制度やメリットについて解説します。

まず、NISAについて勉強したい場合は、こちらの記事を参考にしてください(参考:NISAとは?仕組みやメリットデメリットを投資初心者にわかりやすく解説)

 

NISA、つみたてNISA、iDeCoの比較表

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、金融庁のホームページによると、以下のように解説されています。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(対象商品についてはこちら)。

利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(※2
非課税投資枠 新規投資額で毎年40万円が上限(※3)(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
投資対象商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(対象商品についてはこちら
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの

  • 販売手数料はゼロ(ノーロード
  • ・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • ・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • ・分配頻度が毎月でないこと
  • ・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
  1. *1 …0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。

金融庁のつみたてNISAのホームページより引用

 

すごく簡単に言うと、

つみたてNISAの仕組みまとめ
  • 年間40万円までつみたてNISA枠をもらえる
  • この枠で株を買うと、配当と売却益が20年間非課税
  • つみたてNISA枠で買った株を売却しても、枠は復活しない
  • 積立に適した投資信託が購入可能
  • 売却は好きな時に可能
  • 積立でしか購入できない
  • 余った枠は繰越できない。
  • NISAかつみたてNISAのどちらかしか選べない
  • 普通の株の利益と損益通算できない

青字の部分が普通のNISAとの違いになります。

一番のメリットとしては、つみたてNISA枠で購入した株の売却益と配当利益に20年間も税金がかからないというメリットがあります。

20年間も税金がかからないということは、とても大きなメリットとなります。複利で積立運用するのに最適な仕組みでしょう。

NISAとつみたてNISAの違い、メリットデメリットは?

NISA、つみたてNISA、iDeCoの比較表

金額と年数が違う~NISAと、つみたてNISAの違い

こちらの一覧表を見ていただくと、まず対象の金額と年数が違います。

NISAは5年で120万円までが節税対象となります。

一方でつみたてNISAは20年で40万円まで節税可能となっており、少額で長い年月節税できるつみたてに適した制度となっています。

このことから、NISAは普通の株を買うのに適しており、つみたてNISAは長期で積み立てるのに適した仕組みになっています。

長期で積立運用したい方は、つみたてNISAが良いでしょう。

買える商品と買い方が異なる~NISAと、つみたてNISAの違い

投資対象としては、NISAは様々な株や投資信託が購入可能なのです。個別株などを買うことができます。NISAの買うタイミングは、自分で選ぶ必要があります。

一方でつみたてNISAでは積み立てに適した投資信託しか選べないようになっています。毎月分配型投資のような積立てる効果が小さい投資信託は選べません。

積立NISAの購入方法は、自動で積立で購入されるので自分で買うタイミングを選ぶことができません。

つみたてNISAはどんな人におすすめか?

つみたてNISAは、長期間積立てて複利で増やすような投資方法に最適の制度です。

投資に詳しくない初心者が、複利で積み立てて運用してじっくりと増やすのには最高の制度です。

一方で、トレーダーのような方で自分で個別銘柄を選んで株を買いたいという方は、NISAのほうが向いていると思います。

しかし、個別銘柄を買って利益を出すのは初心者には厳しいと思います。

投資の初心者には、つみたてNISAをお勧めします!

複利で長期間運用する投資方法の魅力は、こちらの記事で解説していますので参考にしてください。

つみたてNISAをするなら証券会社に口座を開設しよう

ここまで、つみたてNISAについて解説してきました。

NISA投資を行う場合、ネット証券会社で行うことをお勧めします。

銀行などでもNISAを行えるのですが、一般的には銀行は株式投資の手数料が割高なので、やめておいたほうがいいです。

また、ネット証券会社に口座を開設すれば、株や投資信託や債券などさまざまな投資商品が購入できます。

口座を作る費用は無料で、維持費も無料です。

口座を開設するのに時間がかかります。投資信託や株は購入するタイミングが大事で、いい時に購入できないとどんどん株価が上がって悔しい思いをすることもあります。欲しい株がすぐ買えるように口座の開設だけはしておいたほうが良いです。

SBI証券がおすすめ

色々な証券会社があるのですが、業界最大手のSBI証券がお勧めです。

NISA/つみたてNISAは取引手数料が0円です。

僕も10年以上SBI証券を使っていますが、何の不満もありません。NISAもSBI証券で口座を解説しています。

いろんな証券会社があるのでそれぞれ特色があるのですが、まずは一番有名で最大手の証券会社で口座開設して株になれるのがいいでしょう。

その後、詳しくなってきたら他の口座も開いてみるのがいいと思います(ぶっちゃけ、どこの証券会社が圧倒的にいいというのはないので、どこでもいいと思います)

SBI証券
  • 業界最大手
  • 手数料が安い
  • 投資信託も豊富で100円から投資可能
  • 夜間取引(PTS)があり、なんかあっても夜に売買できる可能性がある
  • 外国株も豊富にあり
  • IPOの取り扱いも豊富
  • 2018年度のオリコン満足度ランキングで1位

特定口座については迷われるかもしれませんが、自分で確定申告をしないですむので、「特定口座を開設し、源泉徴収を選択する」が便利でよいです。(頻繁に売買して源泉徴収されるのが嫌な上級者は、源泉徴収しないほうが良いかもしれませんが確定申告が必要になります)。

初心者は特定口座を開設し、源泉徴収を選択にしよう。勝手に税金計算をしてくれて、確定申告が不要になります。

 

 

つみたてNISA、NISAの違い。どんな人におすすめかのまとめ

つみたてNISAについて解説してきました。

NISAとの違いは、つみたてNISAは長期間を投資信託を積み立てるのに適した仕組みになっており、複利で積み立てるのに最適な仕組みになっています。

特に投資初心者はNISAよりもつみたてNISAを選ぶようにしましょう。

つみたてNISAの仕組みまとめ
  • 年間40万円までつみたてNISA枠をもらえる
  • この枠で株を買うと、配当と売却益が20年間非課税
  • つみたてNISA枠で買った株を売却しても、枠は復活しない
  • 積立に適した投資信託が購入可能
  • 売却は好きな時に可能
  • 積立でしか購入できない
  • 余った枠は繰越できない。
  • NISAかつみたてNISAのどちらかしか選べない
  • 普通の株の利益と損益通算できない
まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)


収益計算ツール販売中!


初心者から中級者までおすすめの収益計算ツールを販売中しています


僕の収益計算の方法や、僕がどのようなスペックで融資条件で購入したか、がわかるようになっているツールでおすすめです!(解説記事)(ツールを購入)!
2019年8月1日現在、111人が購入!評価してくださった61人が★5の最高評価をしていただきました!



LINE@限定プレゼント配信中!


僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。