LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

 

不動産投資講座のメルマガも開始しました!僕の体験談を交えて、初心者だった僕が知りたかったことを解説していきます!

まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)

格安SIMにしない理由~コスパ悪いです




もふもふ不動産のもふです。僕は不動産投資家でTwitterYouTubeやブログなどで資産運用や不動産投資について解説しています。

僕はずっとauを使ってきており、格安SIMにしていないです。

巷では、「格安SIMのほうがコスパが良く、価格が安いのに何で格安SIMにしないんだ?」という人もかなり多く見かけます。

僕自身、具体的に計算した結果、格安SIMに乗り換えるより、このままauを使うほうがコスパ良いという結論になりました。

僕がどのように考えていたのかなどを解説していきたいと思います。

※ほとんどの人にとっては格安SIMのほうがコスパ良いでしょう。。僕にとっては、格安SIMよりauのほうがよかったという話です。

Youtubeでも解説しています!

どんな条件で使うのか?はっきりさせよう

何かと何かを比較するときは、具体的な条件に対して比較しないと比較の意味がないので注意が必要です。

例えばよく議論に上がる、「持ち家と賃貸」はどちらがお得か?などは、具体的にどんな家を借りるのか?どんな家を買うのか?何年後にいくらで売却できるのか?などによって大きく変わってきます。

前提条件がない状態で比較しても、正しい判断ができないので気を付けましょう。

どんな前提条件か?

僕はこんな条件で考えています。

  • 2年に1回、iPhoneを最新機種に変更する
  • バリバリ通信を使う。
  • 仕事で使っているので通話は無制限
  • 通信が遅くなって仕事に支障が出てほしくない

という状態です。私は不動産投資家なので管理会社さんや銀行さんとかいろいろな方と電話する機会が多いので、通話は無制限を選択しています。

YouTuberでもあるので、移動中などYouTubeを見たり聞いたりして分析することも多いので通信量もたくさん必要です。

出張に行ったりもするので、テザリングしてブログ書いたりもするので、テザリングも必須。

そういう条件で比較してみます。

格安SIMを2年使った場合のコスト

楽天モバイルが格安SIMのシェアトップのようなので、楽天モバイルと比較してみました。

楽天モバイルのプラン。2019年10月時点。楽天モバイルより

2GBのプランだと、1480円のように見えますが、1年限定となっています。通常は、赤が込みの2980円が通常のプランです。

auなどは容量を使い切った後は128kBpsなので、まともに通信できるスピードではないのです。しかし、楽天モバイルの特徴として、2GBを使い切ったとしても、最大で1MBpsで通信できるので、比較的早く通信できるようです。これは楽天モバイルの強みですね!

具体的な条件は?

SimフリーのiPhone11 Pro Max 512GBが税込み173580円となっています。2年後に機種変更して、下取りしたとしたら、5万円と仮定します。これは、iPhoneX 256GBが2年たって5万円くらいの下取り価格だったので、5万円としています。

2年使ったときの総コストは、以下のようになりました。

あくまで私の計算なので、具体的には楽天モバイルでお問い合わせください。

 

これを見ていただくとわかりますが、2GBでも2年間で20252円もかかっていることがわかります。結構高いですよね。

24GBでは307852円となっています。

auで2年使った場合のコストは?

auでiPhone Pro Max 512GBを機種変更して、2年後にアップグレードプログラムを使って機種変更したとします。

アップグレードプログラムとは、簡単に言うと4年間の分割払い契約をして、2年後に機種を返品すれば、2年分は無料になるという仕組みです。ちょっとややこしいのですが…。

それを使って、

  • iPhone Pro Max 512GB
  • 通話無制限
  • 通信20GB
  • テザリング

を付けると、月々の携帯電話代は13040円となりました。

これを2年間支払って、2年後にiPhoneを返却すれば、また新たなiPhoneに機種変更できるという仕組みです。

格安SIMとauを比較してみた結果

具体的に比較してみました!

楽天モバイルとauを比較してみた結果

 

具体的に比較すると、auは2年間での支払い総額は31380円となりました。

2GBで通話10分間以内は無料の楽天モバイルと比べると、11万円くらい高いです。しかし、通信容量を24GBにすると、楽天モバイルが307852円でAUが313080円と、ほとんど差がなくなってきています。

つまり、高速通信をバンバンして、電話無料にして、さらに2年に1回 iPhoneを最新にするのでしたら、楽天モバイルもauも、ほとんど価格に差がなくなります。

そうなってくると、あえて楽天モバイルにする理由もないでしょう。

僕自身、かなり通信容量を使い、ガンガン仕事で使うので、スマホは必需品となっています。もし通信速度が遅くなってしまったりすると、仕事に支障が出てしまうのです。

このスマートフォン代金の差を高いとみるか安いとみるかは人それぞれだと思いますが、僕はほとんど差がないのでauのままにするという判断をしました。

格安SIMが良いかどうかは人それぞれ

ここまで具体的に計算してみましたが、格安SIMに乗り換えたほうがお得なのかどうかは、その人自身がどんな使い方をするのか?どういう価値観を持っているのか?によるところが大きいです。

例えば、節約がとても好きで1円でも多く節約したいというのでしたら、格安SIMに乗り換えるのもありだと思います。

ぼくみたいにスマートフォンでバリバリ仕事していて、2年に1回 iPhoneを最新にして通信制限などがあったら困るような人は、値段が高くても既存のキャリアにしたほうが良いかもしれません。

2年で11万円なので、年間6万円弱です。月々5000円くらい。

僕のスタンスとしては、

ねこさん
スマートフォンで月に5000円の投資し、毎月数100万円稼げるなら安い投資だ!

って感じなんですよね。月々5000円ケチって、通信容量を気にして暮らすとか、YouTubeで情報がインプットできないとか、もったいないです。僕自身の時給は、1万円を超えているのでそう考えれば安いものだと考えています!

…って固定費を下げるのも十分承知はしているんですが、やはり稼ぐ法を優先させてますね!

一概にどちらがお得ということは難しいので、それぞれどっちがいいのかをよく検討して、具体的に計算してみることがおすすめです!

YouTubeでも解説しています!

 

この「もふもふ不動産」では、不動産投資や株式投資や副業について解説しています。興味を持ったらいろいろと役立つ記事を書いているので、副業を始めたい方は、まずこの記事を読んでみてください。

副業や起業などについて

まず初めに見てほしいページ
お勧めの記事の紹介をまとめました(こちら)

月250万円稼げるようになった手法(こちら)


収益計算ツール販売中!


初心者から中級者までおすすめの収益計算ツールを販売中しています


僕の収益計算の方法や、僕がどのようなスペックで融資条件で購入したか、がわかるようになっているツールでおすすめです!(解説記事)(ツールを購入)!
2019年10月22日現在、131人が購入!評価してくださった71人が★5の最高評価をしていただきました!



LINE@限定プレゼント配信中!


僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2019年7月1日現在、10000人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)


友だち追加