Youtubeでお勧めの動画!



 


2018年11月1日現在、チャンネル登録者5100人突破しました!チャンネル登録は↓よりお願いします

LINE@限定プレゼント配信中!

僕が実際に収益物件を検討するときのチェックしてる項目を無料でプレゼント!

他にも不動産投資の裏情報をLine@限定で配信していますので登録をお勧めします!

2018年11月1日現在、2350人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)

友だち追加

投資や副業の詐欺の種類について見分け方を解説




不動産投資家の茂風智文です。2014年から不動産投資家として活動し、今までアパート2棟、RCマンション1棟、テナントビル1棟、戸建て2戸を購入して、資産2億円、純資産1億円を築きました。過去には株式投資、FX、投資信託、外貨預金、中国株などなどなど、多岐にわたる投資をしています。

景気が悪くなったら首を切られる可能性もありますし、老後の心配もあります。きっとあなたはサラリーマンの給与以外にも安定した収入源が欲しいと考えているでしょう。サラリーマン以外の給与を自分で稼ぐ副業はとても大切です。

しかし、世の中には投資や副業の詐欺についての案件があふれています。副業でお金を稼いで自由な生活を夢見ているところから、大切なお金を詐欺師に奪われてどん底に落とされてしまう方もいらっしゃいます。

そうならないためには、様々な投資案件や詐欺スキームについての勉強が必要です。僕は今までさまざまな投資について勉強し、調べていいものについては実行してきました。これまでにも怪しい案件がたくさんありましたが、それらはパターン化されてきています。

消費庁でも、詐欺案件について注意喚起を出しています。いろいろと調べて十分注意してください。

この記事では、危険な投資や副業のスキームについてわかりやすく解説しています。この記事を読むことで、危険な投資に引っかかる確率が確実に下がると思います。

投資や副業の詐欺はパターン化していて見分けることが可能

投資や副業の詐欺はパターン化しているので、慣れてくるとどのパターンなのかすぐに見分けることができます。

https://twitter.com/mofmof_investor/status/1069502903805599745

投資詐欺スキーム

だいたいこれらの組み合わせ。

1)高利回り系
未来的な要素で高利回りをアピールし鴨を集めるソーシャル、AI、ブロックチェーン…ポンジスキームが多い

2)情報商材系
xxするだけでxx万円!
実際は稼げない…

3)マルチ商法
人を紹介するとお金をもらえる。儲かるのは上位だけ

投資詐欺の案件で、チェックするポイントを押さえて、しっかりと利益が出ることを理解しておけば、怪しい詐欺にはまる可能性は少なくなります。

 

投資、副業の詐欺スキーム~高利回り商品

高利回りをうたう商品があるのですが、要注意です。

世の中には様々な金融商品があります。株、FX、先物取引、バイナリーオプション、金融デリバティブ、不動産などなど。そういうありとあらゆる金融商品を駆使して、利益を上げようとしているヘッジファンドという会社があります。ゴールドマンサックスや、モルガンスタンレーなどが有名です。

ヘッジファンドはありとあらゆる手法を駆使して、顧客から預かった資金を増すことを注力しています。そのために、世界中の優秀な頭脳を集め、莫大な資金を投資して株などの自動取引のシステムを開発したり、さまざま研究を行っています。そういうヘッジファンドに預けたとしても、安定して利回り5%~10%のパフォーマンスを出せればすごいとされています。

そういうヘッジファンドが死に物狂いで利益を上げようとしているのに、どこの誰だかわからない人が利回り20%とかそれを超えるような商品を供給できるはずはないんです。もしそういうのがあれば、ヘッジファンドが大量の資金を突っ込んで根こそぎ奪っていきます。

もふ
楽して高利回りっていうのは、ほぼそれだけであり得ないと思って問題ないです。

高利回りを保証できる理由を確認しよう。

たとえば、maneoのソーシャルレンディングでは、高利回りで運用していました。しかし、担保価値が低く何か問題が起こった時に元金が返ってこないリスクがあります。(関連記事:maneoの20億円は返ってくるのか?投資家が解説。)

高利回りというのは、一般的にはそれだけリスクが高いということなのです。トルコリラのFXで高金利でスワップが高いのは、超インフレして貨幣価値が大きく下落し続けているリスクがあります。

Youtuberラファエルさんの水耕栽培の投資では利回り84%とおっしゃっていましたが、高利回りを保証できる内容は確認できませんでした。高利回りを達成できる理由を必ず確認する癖をつけると、投資で失敗する可能性は飛躍的に下がります。

ビットコインのマイニングで利回り何%保証!との投資については、ビットコインのマイニングは仕組み上利回りを保証できません。そのため、利回りを保証している時点で詐欺だとわかってしまいます。(ビットコインやマイニングの仕組みのわかりやすいYoutube解説)

利回りが高い理由を確認し、それが本当なのか?なぜその利回りを達成できるのか?ヘッジファンドはなぜ参入しないのか?を常に考えるようにしましょう。

 

投資、副業の詐欺のスキーム~情報商材系

情報商材とは、情報を売る商売のことです。まともな情報商材もあるのですが、最近は「必ずもうかる!」みたいな内容で高額なお金を請求して、実際は全く稼げないような情報商材が増えています。

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。「情報」の内容自体が商品となるものである。情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。

情報商材は、それ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものであるが、特に「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。ただし、単に画像や動画・文章といったコンテンツ(娯楽媒体や学術的な知識などの集積物)、あるいは商品券のように使える電子マネーのクーポンコードなどは情報商材の範疇では扱われない。

これらは、いわゆるハウツーやマニュアルのような実利的な情報であるが、こと日本では2000年代以降にインターネット経由で「儲かる」や「成功する」などの方法論・手法をまとめたテキストの類を販売する業者や個人が増加している。1980年代には競馬予想会社の競馬予想やパチンコにおける所謂「必勝法」の類が、雑誌やスポーツ紙などを広告媒体として、「会員に情報を提供する」という形で会員を募集している。

2000年代における情報商材では、株式売買や先物取引などから成功報酬型広告など様々な分野で儲ける方法や、俗なところでは「異性にもてる方法」や脱オタク・裏技の類なども見出せるところである。劣等コンプレックス解消を謳うものもトップ3に挙がる[1]。

情報商材は内容を購入希望者が知ってしまった時点で商品としての価値が損なわれるため、販売側で購入希望者に商品の内容を具体的かつ仔細に説明することが出来ない面もある。そのため見学のできない塾に入るようなものとなっている[2]。

Wikipedia

 

NHKでも調査を開始しています。

 

クリックするだけでxx万円儲かるとか、毎日1回投稿するだけでxx万円稼げるとか、残念ながらそういう甘い話はありません。。ブログやYoutubeで稼ぐこともできますが、SEOの知識やSNSの知識、そして記事を書く人のライティング技術やマーケティングや調査能力など、並大抵な努力では10万円を稼げるようになるのは厳しいです。

簡単に稼げる系に関する簡単な見破り方
  • クリックするだけでお金が入るとしたら、誰がその無駄なお金を支払っているのでしょうか?
  • そんな簡単だとしたら、なんで自分でやらないのでしょうか?
  • バイトを自給800円で雇って、大量に作業させればもっと儲かるでしょう
  • みんな真似したら、すぐに稼げなくなるのではないでしょうか?

投資で

  • 誰でもできる
  • 再現性がある
  • お金がなくてもできる

とかいう宣伝は、要注意です。誰でもできるということは、すぐに真似されてすぐに稼げなくなるのです。僕ら不動産投資家は、誰でも簡単にできないからこそ、いい物件を安く買うチャンスが巡ってくるのです。誰でもできるからやってみようという考えは、詐欺にあう大きな原因になっていると思います。

楽しては稼げないんです。稼げるのは、その商品を売っている人だけですね。。

Instagramで「楽して儲かりますがやりませんか?」みたいなメッセージがたくさん来ませんか?これはInstagramで稼ぐ方法の情報商材を買った人が、みんな真似しているのだと思われます。キラキラ系の写真上げて、Line@とかに誘導するやり方ですね。数年前はまだ稼げていたようですが、情報商材が出回りみんな真似するようになりました(笑)。困難で稼げるわけがないんです。

もふ
誰でもできるというのは、すぐに真似されて稼げなくなります。。本当に稼ぐには、地道な努力で簡単には真似できない世界を切り開くことが大切です。

 

投資、副業の詐欺のスキーム~マルチ商法系

マルチ商法のイメージ。紹介することでお金がもらえ、下部の人が新たに紹介しても上層部にお金が入る仕組み

友達とかに、「絶対稼げるからxxに参加しない?入会金は30万円だけど、xxで絶対にする回収できるから」

みたいな紹介をされたことはないでしょうか?マルチ商法という商法で、紹介することでお金をもらえるビジネスのことです。マルチ商法というと印象が悪いので、MLM(multi-level marketing)という場合が増えていますね。

マルチ商法(マルチしょうほう、multi-level marketing)は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。

wikipedia マルチ商法

 

ねずみ講は犯罪なのですが、マルチ商法は犯罪ではないんですよね。なので取り締まることもできずに、儲かりませんよと注意をすることしかできないのが現状です。(参考外部記事:あなたの弁護士~ねずみ講とマルチ商法の違いは?)

マルチ商法は、何かの商品を販売する権利を得るために、その会に入ります。そして、誰かその会に入りたい人を入れるとお金がもらえる仕組みです。商品を販売するよりも、誰かを入会させたほうが利益が多いため、いろいろな人を会に入れようと声をかけまくることになります。何名かは入ってくれる人がいるかもしれないのですが、ほかの大部分の友達は「あいつが怪しいことを始めた」と思われるため、人間関係が壊れていってしまうでしょう。。

会に入ってくれる人を見つけるのは至難の業なので、大部分の人は損をしてしまいます。商品を自分で買い取ったりしないといけない場合もあり、お金もどんどん出ていきます。

もふ
友達に熱心に勧誘されたても、しっかり断りましょう。入ったからといっていいことは何もない場合がほとんどです。

投資や副業の詐欺の種類についてまとめ

ここまで、投資の詐欺の案件について解説してきました。

詐欺のパターンとしては、

投資詐欺の種類
  • 根拠なき高利回り商品
  • 楽して稼げる情報商材
  • マルチ商法(MLM)

の3種類があります。これらに引っかからないための方法としては、その利益がどこから来るのかを考えることが大切です。

世界のヘッジファンドが高利回り商品を血眼で開拓している中、どこの誰だかわからない人たちがそんな高利回り商品を開発できるはずはないのです。もしできるとしたら、個人から小銭を集めるよりも、お金を集めてバイト雇って自分たちでそれを回したほうが儲かるはずです。それをしないで個人から小銭を稼いでいるのは、結局それで稼ぐしかないということでしょう。

不動産投資の魅力

理由がわからない高利回り商品は、かなりのリスクが伴います。しかし不動産投資はしっかりと物件調査を行えば、かなりのリスクを減らして安定して経営することができます。また、最悪土地が残るので資産としては残すことができます。

僕自身、不動産投資で毎月100万円の家賃が安定して入ってくる状態になり、はじめに買った2棟に関しては2000万円の売却利益を出すことができました。その不動産投資を始めた体験談をまとめているのでぜひ見てみてください。

不動産投資を勉強したいのなら、初心者にお勧めの本を紹介しているので見てみてください。

不動産投資といえば区分マンション投資のイメージがあるのですが、区分マンション投資は利回りが低く儲からないのでアパート1棟の投資をお勧めしています。

アイケンジャパンさんでは無料で書籍とDVDをプレゼントしているので、もし興味あれば問い合わせてみてください。

初心者でもわかりやすいように不動産投資の講座をまとめているので、ぜひ見てみてください。

 



LINE@限定プレゼント配信中!


僕が実際に収益物件を検討するときにチェックしてる項目と確認方法を無料でプレゼント!

他にも不動産投資のマニアックな内容や面白い収益物件情報などを配信していますので登録をお勧めします!

2018年11月1日現在、2350人突破しました!85%の方が購読継続中で、多くの方にご満足いただいています(^^)


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。